賑やかしい雰囲気の展示会で集客効果を高めるブースデザインとは

木目調の階段

デパ地下などで人が集まっている場面に遭遇したら、用がなくても近くまで行きたくなるものです。またショッピングでも、人気がないお店は入りにくいものですが、お客様で賑わっていると入りたくなるでしょう。他の人が入っていることで、気軽に入りやすいということもあります。このような心理は、たくさんの展示会が行われている会場においても同じことが言えます。この人の賑わいがある展示会にするために、何かできる手立てはあるのでしょうか。
集客効果が高まる賑わいがある展示会は、ブースデザインの工夫により可能となります。例えば展示会のスペース内で商品を試せるスペースがあったり、商品に関連するクイズに解答してもらって、サンプルをプレゼントするなどです。このような人が集まる場をブースデザインで考えることで、賑わう展示会を演出できます。来場者がブース内に留まっている時間を作るブースデザインは、興味を持ってもらいやすい点でも集客に効果的です。
展示会は様々な目的で開かれるため、賑やかな雰囲気作りをどう行っていくかはそれぞれに異なります。どんな工夫ができるのか、全体のプランをどうするかなどは専門的な知識が必要になりますが、ブースデザイン専門の業者がありますのでぜひ利用していきましょう。

展示会のブースデザインでは人の心を掴むキャッチの言葉も工夫が必要

展示会のブースデザインで押さえておきたいポイントはたくさんありますが、そのひとつとして大切になるのが、人の心を掴むようなキャッチな言葉を準備しておくことです。展示会に訪れる人は目的の展示ブースがいくつかあるものですが、同時に良い品や良い会社を探る目的もあります。そのため、できるだけたくさん回りたい気持ちがあります。通りがかった際に、どんな魅力がある展示会なのか、すぐに判断できれば足を運びやすくなります。
その判断に役立つのが、キャッチとなる言葉です。この言葉を考えることもブースデザインの一環で、入り口付近に大きなパネルで社名や商品名を掲げるような方法は、お客様に響きにくいキャッチと言えます。それよりも、一言でその展示会の魅力が伝わる様な言葉を準備しておきたいものです。商品のアピールポイントや、他社との差別化になる様な言葉で、さらに来場者の心にストレートに響くような分かりやすい表現が理想的でしょう。
ブースデザインの専門業者に相談すると、プラン立てやプロデュースなどをトータル的に依頼でき、効果が上がる展示会の開催が可能になります。キャッチの言葉についても、過去事例を参考に的確なアドバイスが得られるでしょう。

展示会のブースデザインでは誰に来てもらうのかをまず考えよう

展示会のブースデザイン、綿密な計画を練って趣向を凝らし、作り上げたのに、全然人が集まらなかったとなると、がっくりと肩を落としたい気分にもなります。では、今回の展示会のブースデザイン、いったい何がいけなかったのでしょうか。大事なことは、まずその展示会のブースデザインに、誰に来てもらうのかを考えることです。あなたがその展示会に来てほしい人の立場になって考えてみましょう。まず、何を扱っているのかが明確でないもの、これだと素通りされてしまう確率が高くなってしまいます。何を扱っているか、そのブースデザインの特徴を強くアピールすることはとても大事です。また、インパクトがないもの、目立たないものも問題ですし、目立っていても、あまりいい印象を受けないものも良くないでしょう。相手の興味を引いた上で、入りやすい、見てみたいと感じさせることが重要です。なぜなら、ブースの前を通り過ぎる時間は、ほんの数秒間ですので、その短い時間に相手を惹きつけなければならないからです。しかし、このような理想的なデザインブースを個人で作り上げることは、なかなか困難です。やはり、本気で人を惹きつけたいとお考えなら、専門業者に相談してみるのがベストでしょう。

Pick Up Contents